ブログのフォントを游ゴシックにしてみる

Windows8から游ゴシックなるフォントが搭載されて、尚且つMacと共通ということで、このブログに設定してみました。

結果はご覧のような感じです。
WordPressのテーマはtwenty-twelveなのですが、まあご覧の通り、処々でフォントが小さくなっています。
font-sizeはrem指定なのですが、どこが効いているかは不明。

指定の仕方は以下です。

body {
	font-family: YuGothic,'Yu Gothic', sans-serif;
	font-weight: 500;
	font-size: medium;
	font-feature-settings: "pwid";
}

游ゴシックの、WindowsのChromeで細すぎ問題は処々のブログなどで言われているのですが、簡単にfont-weight:500;で対応。
文字間隔広すぎ問題は、font-feature-settings:"pwid";にて対応しました。

font-feature-settings:"palt";を使うとよい、というブログ記事もみましたが、これだと句読点のスペースまでも狭くなりすぎです。
Adobeさんの「CSS での OpenType 機能の構文」を参考に、pwidにたどり着きました。

私的にはこれでOKです。メイリオより落ち着いた感じになりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です